仙台放送05/19

NEW工業高校生徒が土のうの積み方学ぶ

http://www.fnn-news.com/localtime/sp/miyagi/detail.html?id=FNNL00050203

宮城・石巻市では、工業高校の生徒が、土のうの積み方などを通して、水害を防ぐための知識を学んだ。
石巻工業高校で行われた19日の訓練には、土木システム科の生徒38人が参加し、土のう作りを体験した。
訓練は石巻工業高校のほか、石巻市や北上川河川国道事務所、近隣の小学校も参加した。
参加者は、グループに分かれて、地元消防団の指導のもと、
土のうの作り方や、「積み土のう工」と呼ばれる、水が堤防を超えるおそれがあるときに用いる、土のうの積み方を学んだ。
学生は、「工業高校は川の近くなので、すぐに行って、土のうを積んで助けたいと思います」、
「自分1人じゃできないこともあると思うんですけど、そこも土木のいいところで、みんなで土のうを作って、1つ1つ防げるものがあったらいいなと思って、生かしたいと思いました」などと話した。
国土交通省では、これから大雨や台風の時期を迎える5月を、「水防月間」に定めていて、今後も水害防止の重要性について、理解を深めてもらいたいとしている。 (5/19 18:43) 仙台放送

コメント一覧
ツチノオ
痛いニュースか
>>1
工業高校→現場労働者育成所

土方仕事もこなせるじよ
旋盤の精度を極めるほうが先だろ
土のう積みとか徴兵組にまわしとけ
陰嚢の揉み方がどうとかこうとか。
日本人
面倒なこと、嫌なことから逃げてきた怠け者達の末裔。
アフリカ大陸から追い出され、アジアの辺境の島国に逃げて来た。

そこに国を作った者は、当然、色々なことから逃げ出す性格の持ち主。
責任逃れ、言い訳、非効率な仕事、臭いものにはフタをする、
間違えを絶対認めない、謝らない、前例がなければやらない、
自画自賛、テレビやネットでは必死に仕事してるアピール。
自分は戦地に赴かず、安全な場所から下々の者を危険な場所に送り込む。
「お役所体質」とも言われていますね。

戦争で負けた時、偉い人は誰も責任を取らなかったでしょう。
そういう卑怯者とその子孫が支配している国なのです。

こういう状況を打破しようと人種が進化した究極の形、それがゆとり世代。
その中でも最強なのが工業高卒。
失うものは何もない、貧乏、低脳の遺伝子を持つ犯罪エリート集団。
逃げること、努力をしないことにかけては公務員にも勝っている。

やがて工業高卒は、この国を助ける正義の味方「ビルメン」となり、
第三次世界大戦の時に、最前線で弾よけとしての活躍が期待されている。
高校の体育の必修にしろよ
ボール遊びなんかよりよっぽど実用的だろ
これは日本人には必要かもね。水害多いし。
中学の技術家庭科で必修にすればいいのにw
お刺身のたんぽぽの乗せ方も学びたい