http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010987591000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

千葉県松戸市にある知的障害者を支援する施設を運営する社会福祉法人が、実際には行っていない生活介護のサービスを行ったという申請をして、県などから給付金5870万円余りを不正に受け取っていたことがわかりました。
不正に給付金を受け取っていたのは、松戸市にある知的障害者を支援する施設を運営する社会福祉法人、まつど育成会です。

松戸市によりますと、まつど育成会は、おととし4月までの3年間に、施設の利用者7人に実際には行っていない入浴や食事などの介護サービスを行ったという申請をし、国や県、それに松戸市から生活介護給付費合わせて5870万円余りを不正に受け取っていたということで、千葉県は先月、まつど育成会に対して改善勧告を出しました。

これを受けて、支給業務を行う松戸市は今月、不正に受け取った給付金に加算金も加えた、およそ8220万円の返還を請求しました。

まつど育成会の早坂裕実子常務理事は「制度の解釈を誤っていた。給付費を不正に受け取る結果となってしまい、大変申し訳なく思っている」と話していて、来月中に全額を返還するとしています。

5月19日 15時21分

コメント一覧
千葉の知的障害者・・・?ハッセかな?
知的障害者ってまるで朝鮮人みたいだなW
あっ!朝鮮人自体が知的障害者しかいなかったW
このままトンズラだろ
返せばいいという風潮
何で逮捕しないの?






みんなしてるから・・・w
いかにも知的障害より
知的障害を伴わない自閉症の方が厄介。
自閉症引きこもりの俺が言うのだから間違いない。
またちばけんまか
制度の解釈を誤っていたとか
嘘つくな潰せよこんな所
支援とかは名ばかりビジネスだし
この手は口利き政治家が絡んでるから
それ調べろん!