経済産業省の近畿経済産業局は13日、神戸製鋼所のグループ会社である神鋼鋼線ステンレス(大阪府泉佐野市)のJIS認証を10日付で取り消したと発表した。登録認証機関の日本検査キューエイ(東京都中央区)が10日に経産省に報告した。

 取り消しの対象は、神鋼鋼線ステンレスが一部の製品で引っ張り強度のデータを偽装していたと発表したステンレス鋼線で、JIS番号は「JIS G 4314」(ばね用ステンレス鋼線)。

 神鋼鋼線ステンレスは、神戸製鋼が約30%出資する東証2部上場会社である神鋼鋼線工業の完全子会社。