https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000064-jij-asia

オーストラリアでサメによる襲撃事故が増え、間引きの是非をめぐる
論争が再燃している。

一部住民は「安心して泳げない」と不安がり、間引き解禁に支持が
広がるが、サメ保護を重視する反対論も根強く、実現は不透明だ。

研究団体によると、昨年のサメ襲撃事故は24件確認され、10年前に比べ
2.4倍に急増。死亡事故も増えており、4月には西オーストラリア州
エスペランスで、サーフィンをしていた少女(17)が家族の目前でサメに襲われ、
亡くなった。過去1年間で3件目の死亡事故だった。

事故増加の要因として、サメ生息数やマリンスポーツ人口の増加、
気候変動による海水温度上昇などが指摘される。現地紙によれば、
フライデンバーグ環境相は「人命保護が第一で、サメ保護は二の次」と述べ、
間引きに前向きな考えを示した。

一方、環境保護団体グリーンピースは、人を襲う凶暴なホホジロザメは
絶滅が危惧され、保護が必要だと反論。遊泳者は自己責任で海に入るべきだ
とも訴えた。西オーストラリア州当局は今のところ、間引き禁止を維持する考えだ。

コメント一覧
グリーンピースは、サメの味方かwww
アホ過ぎw
マジキチ
人命よりも鮫が大切って・・・
えええええええ 鯨の間引きはダメって言うてたろ 調査捕鯨
先ずはグリーンピースを殺せよ
人間が間引かれてる現状について。
これはグリーンピースが正しい
賢いサメを殺すなんてありえない
絶滅するならそれが自然だろ
人が意図的に守って残るなら人為的だろ
自然が大事だと言うなら絶滅の成り行きも尊重しろよ

人が望む理想的な自然なんて意味ねえんだよ
震災の時に敵対者に助けられた癖して自己責任か