スッコボコ

2017/11/20

広島・巨人が揃って勝利した後のナイトゲームで阪神は先発のメッセンジャーがスッコボコに打ち込まれ、ここ数ゲーム好投していた金田も伊藤もスワローズ打線に飲み込まれてしまいました。


4月にあれだけ打ちまくった打線も完全に湿り、序盤のチャンスで福留に一本出ていれば乱打戦に持ち込めたかもしれませんが、負ける時は大敗の方が切り替えやすいと諦めるしかないような敗戦でした。


また、今日のゲームでは上本の抜けたセカンドを昨日使った荒木ではなく今シーズン不動のセンターの大和を起用しました。


対戦が左の八木という事で、右打者を1枚でも多く並べたい阪神の苦肉の策でしょうが、この大和、今シーズン恐らくセンターでゴールデングラブを受賞するでレベルですが、内野守備も、特にショートでは鳥谷よりも守備範囲が広いと言われるほどの内野守備を誇り、高校の日本代表では巨人の坂本と二遊間を組んだほどです。2塁守備では間違いなく西岡・上本より上なので鮮やかな内野守備を見たいと思う反面、センターに固定すべきだとも思い、複雑な気持ちでの観戦となりました。


それもこれもセンター・ショートの両ポジションでゴールデングラブクラスの守備が出来るという大和の凄さゆえ。


そんな大和も打撃がかなりのスランプ真っ只中。開幕直後は「マートンと大和は抑えられない」なんて対戦相手から言われていたほどなのに。マートンが復調気配だけに大和も早く復調して欲しいところ。


今後のセカンドですが、右投手には荒木、左投手には思いきって北條を起用して欲しいですね。力不足で全く使えなかったとしても今後に繋がる経験になるはず…と思ってたら柴田が一軍に上がってきてました。
って事は大和がセカンド固定で左右に応じてセンターを俊介と柴田で併用か…何か夢も希望もない…(笑)